ふたり旅びより

ふたり旅びより

𝐿𝑖𝑓𝑒 𝑖𝑠 𝑗𝑜𝑢𝑟𝑛𝑒𝑦 旅とお酒と音楽があれば

シェラトン沖縄を徹底解剖〜アクティビティ編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

2021年4月にシェラトン沖縄サンマリーナへ宿泊してきました。

f:id:futaritabibiyori:20210511143508j:image

沖縄へ行ったら、きれいな海やプールで思いっきり遊びたいですよね。今回は施設内での充実したアクティビティについてご紹介致します。

 

まずはこのホテルで発行しているリゾートパスについて。

<宿泊者料金>

大人:3,850円

子供:1,100円(6−12歳)

 

<ビジター> ※内容は多少異なります。

大人:5,500円

子供:2,200円(6−12歳)

 

ご宿泊者であれば滞在期間中何度でも対象のアクティビティでお使い頂けます。

 

リゾートパスで利用出来る大浴場や屋内プールについてはこちらをどうぞ★

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

また、マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上はこのリゾートパスが無料特典となります。

マリオットボンヴォイについて詳細はこちら★

futaritabibiyori.hatenablog.jp

  

大浴場や屋内プール以外で、リゾートパスに含まれるアクティビティはこちら!

(写真は公式HPよりお借りしました)

・パラデッキセット(パラソル✕1・チェア✕2)

f:id:futaritabibiyori:20210511143528j:image

カヤック/ペダルボート(写真はカヤック

f:id:futaritabibiyori:20210511143532j:image

・フィールドスポーツ(テニス・バスケットボール・ミニゴルフ)

f:id:futaritabibiyori:20210511143536j:image

これらを利用する際は、大浴場などがある「ぬちぐすい」棟の海に面した側にある「ビーチプレイカウンター」にて部屋番号を伝えればOKです。

ちなみにビーチで利用するタオル類もこちらのカウンターで無料貸出があります。

 

私達も早速タオルを借り、パラソル&チェアを借り、カヤックとペダルボートを申し込みました。

 

ところで、ペダルボートってご存知でしょうか?下のお写真に3つ写っているタイヤの大きなバギーのようなものです。

f:id:futaritabibiyori:20210513150351j:image

ライフジャケットを念の為着用して乗り込みます。公園などで見かけるスワンボートの要領で2人で漕ぎます。前のハンドルで方向転換も可能。2人全力で漕ぐと結構な速さがでます。転覆などの恐れはないため、水着ではなく普段着でも大丈夫とのこと。遮るものがないので日差しは要注意です。

空いてたからかもしれませんが、特に時間制限などはありませんでした。目安30分程度だと思います。途中で疲れて休んでもプカプカ浮いてて楽しいです。何より海と空の中心に漂えるのが気持ちが良かったです。

f:id:futaritabibiyori:20210513145405j:image

続けてカヤックもやらせて貰う予定が、思いの外ペダルボートで疲れたのと、曇ってきて気温も下がってきたので今回は辞めることにしました。次回リベンジします。

 

屋外プールには2種類のスライダーがあります。こちらは宿泊者であれば自由に何度でも無料で遊んでOKです。
f:id:futaritabibiyori:20210513150336j:image

スライダーの奥にある階段を登ってスタート台まで向かいます。4月の初めでとても空いており、お子様もいなかったからかスタッフの方もおらず大変自由な感じでした(笑)

f:id:futaritabibiyori:20210513150028j:image

こちらがスタート台からの景色!もはや海外リゾートですね。スタッフの方がいらっしゃらなかったので、自由なタイミングでスタートしました。
f:id:futaritabibiyori:20210513150032j:image

滑ってます滑ってます滑ってます。
f:id:futaritabibiyori:20210513150036j:image

続いて私の番。スライダーへ向かう前、プール監視員のスタッフの方にGoPro撮影しながらのライドはOKと許可いただいてましたので動画を撮りながらスタート。くるくる回るコースで高低差は少ないため、スピードはあまりありませんでしたが久しぶりのスライダー、とても楽しかったです。
f:id:futaritabibiyori:20210513150039j:image

スライダーで遊び疲れたらプール脇のカバナで休憩がてらお昼寝。こちらのカバナも空いていれば自由に利用出来ます。ご覧の通り、プールもガバナもガラガラに空いていました。

f:id:futaritabibiyori:20210513150127j:image

最後に、こちらのホテルの最大の目玉をご紹介です。今年2021年元旦、「有吉の冬休み」というテレビ番組でも取り上げられましたジップラインです。

f:id:futaritabibiyori:20210513155740j:image

これがホテルの敷地内だなんて、なんとも驚き。全長250m、時間にしておよそ30秒程度、美しい海の上を爽快に駆け抜けることが出来ます。

 

メガジップ(ジップライン)9:00〜17:00

宿泊者 1,320円

ビジター 2,200円

※年齢と身長制限はありませんが、体重25kg以上・130kg以内でハーネスがきちんとフィットする方のみ。事前予約不可。

 

ビーチプレイカウンターにて受付を済ませ、外でハーネスやヘルメットを着けてもらいます。ジップラインのスタートは、スライダーのスタート台近くにあります。
f:id:futaritabibiyori:20210511151624j:image

参加される方に是非おすすめなのがドローン空撮!

受付時に希望を申し出ると、あとは勝手にドローンが撮影してくれます。

 

ドローン空撮 動画&写真

宿泊者 3,300円

ビジター 4,400円

 

ジップラインは最大2名で同時にスタート出来ます。2名利用で同時に2名撮影の場合も、1名利用の場合でもドローンの代金は同額です。

このようにスタート時から撮影して貰えます。ちなみにジップラインでは、落とすと危ないのでカメラやスマホを持参することは出来ません。

f:id:futaritabibiyori:20210513161056j:image

 大迫力のムービーはInstagramにて投稿予定ですのでお楽しみに★

ジップラインの終わりはこちら。スタート位置が遥か彼方に見えます。

f:id:futaritabibiyori:20210513161111j:image

ドローン空撮はジップライン中だけでなく、歩いて戻ってくる姿も撮って頂けます。ジップライン約30秒、戻ってくる姿約30秒、計1分程度に編集した動画を頂きました。

f:id:futaritabibiyori:20210513161119j:image

ロッカーに預けていたスマホをピックアップし、専用のカウンターにて撮って頂いたデータの受け渡しを行います。

自身のスマホにUSBが入ったケーブルを差し込み、一瞬で終了〜。待ち時間さえありませんでした。ドローンの料金はその場で決済出来ますが、お財布を持っていなかったのでお部屋付にして頂きました。

即座に動画を確認出来てとても良かったです。

 

今後ジップラインを体験される方へおすすめ情報

①体験できるベストコンディションは意外と少ない。

 やはりどうせやるなら天気が良いことはマストですよね。ただし、どんなに晴れていても風が強いと休止になってしまうそうです。実際私達が宿泊する前日・前々日は強風で休止していたとのこと。

また、ビーチ付近や戻ってくるところも空撮で映るので、なるべく人が少ない時間がよいということを踏まえると、日中より朝一9時は穴場です。

連泊される方は、天気のコンディションが良い朝があれば早めに体験しておくことをおすすめします。

 

②必要な荷物、不要な荷物。

ドローンご希望でしたらデータ受け渡しのためにスマホは必須です。部屋付してもらえるので、お財布は必須ではありません。部屋番号は確実に覚えておくか、カードキーを持参しましょう。

ジップライン時は落とすと危ないのでビーチサンダルなどすぐに脱げてしまう靴はNGです。マジックテープなどで固定できるサンダルやスニーカーで行きましょう

ジップラインのスタート前にロッカーはありますが、小さいので大きな荷物は入りません。

 

私達は最終日の朝一に体験しましたが、それはもうとてもとても楽しかったです。

ご紹介しきれませんでしたが、SUPやウェイクボードなどまだまだアクティビティは盛り沢山のシェラトン沖縄、遊びどころが満載の素敵なホテルでした。

 

次回は沖縄編最終回、沖縄旅行でかかった費用を大公開です。お楽しみに〜★

 

シェラトン沖縄を徹底解剖〜朝食編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

 

2021年4月にシェラトン沖縄へ滞在しました。

今回は充実の朝食ビュッフェについてレポート致します。

 

朝食会場はダイニングルーム「センス」です。

メインタワーからはこの吹き抜けから向かいます。

f:id:futaritabibiyori:20210511153527j:image

こちらがレストラン入り口。サウスタワー宿泊者はレストラン脇にある別の扉から入ることになります。カウンターにてお部屋番号を伝え、お席までご案内頂いていざビュッフェです。
f:id:futaritabibiyori:20210511153609j:image

サラダの種類豊富!「ゴーヤとパイナップルのサラダ」というのもありました。左下、枝豆の隣のたまごサラダがとっても美味しかったです。
f:id:futaritabibiyori:20210511153535j:image

サラダバーの後ろ側にはずらっとお惣菜。下の写真は、ポテトやグリルトマト、きのこソテー、いんげんソテーとごくごくスタンダードなもの。
f:id:futaritabibiyori:20210511153457j:image

こちらは沖縄らしいグルクンです。
f:id:futaritabibiyori:20210511153507j:image

トマトパスタやサバ、とにかく種類が沢山あります。
f:id:futaritabibiyori:20210511153557j:image

中華もあります。青菜の炒めものに、せいろでホカホカのシュウマイ。
f:id:futaritabibiyori:20210511153600j:image

お粥もありました。トッピングは6種類とこちらも充実。
f:id:futaritabibiyori:20210511153616j:image

汁物はお味噌汁と本日のスープの2種類。何スープか確認するのを忘れてしまいました^^;
f:id:futaritabibiyori:20210511153454j:image

白いご飯ももちろんあります。納豆や梅干し、焼海苔、ふりかけもあります。
f:id:futaritabibiyori:20210511153603j:image

こちらはジーマーミ豆腐ともずく。沖縄ならではですね。
f:id:futaritabibiyori:20210511153451j:image

当然スタンダードなソーセージやスクランブルも。
f:id:futaritabibiyori:20210511153448j:image

沖縄そばはセルフで作ります。さっと茹でて、紅生姜を入れて頂きました。
f:id:futaritabibiyori:20210511153524j:image

沖縄料理のゆし豆腐もありました。
f:id:futaritabibiyori:20210511153538j:image

さらには島豆腐まで。豆腐の食べ比べが出来ますね。
f:id:futaritabibiyori:20210511153500j:image

オムレツはライブキッチンです。ぜひご注目頂きたいのは沖縄らしいトッピング。スーチカー、紅芋、アーサなんて普通オムレツの具として見たことないですよね。私は紅芋を入れて頂きましたが、ホクホクしていてほんのり甘く、とても美味しかったです。オススメ!

f:id:futaritabibiyori:20210511160149j:image

別のエリアに洋食の冷菜があります。生ハム、サーモン、カプレーゼなどが小皿に入っています。
f:id:futaritabibiyori:20210511153553j:image

こちらはチーズバー。カマンベール、チェダー、エメンタールにクラッカーがありました。チーズ好きにはたまらないですね。

f:id:futaritabibiyori:20210511153549j:image

パンの種類も豊富なのですが、紫芋バターやパインバターなどもあり楽しい!
f:id:futaritabibiyori:20210511153545j:image

甘いパンも充実。小さめのサイズなので何種類でも食べちゃいそうです。ちなみにホテル内で焼いているそうです。
f:id:futaritabibiyori:20210511153606j:image

マフィンも数種類あります。
f:id:futaritabibiyori:20210511153530j:image

ドリンクバーです。グアバシークヮーサーもありました。
f:id:futaritabibiyori:20210511153514j:image

ホットドリンクはこちらから。
f:id:futaritabibiyori:20210511153504j:image

フルーツも盛り沢山です。ヨーグルトも3種類、奥にはさとうきびババロアグアバゼリー、シークヮーサーのパンナコッタなどもありました。
f:id:futaritabibiyori:20210511153517j:image

デザートの目玉はこちら。温かい黒糖フレンチトーストです。ソースも数種類あったのですが、個人的はバニラアイスがあると嬉しかったな。

f:id:futaritabibiyori:20210511160252j:image
フルーツのエリアには沖縄らしくちんすこうも。沢山種類があったので、色々試すことが出来ました。
f:id:futaritabibiyori:20210511153520j:image

ちょうど席についた時、「クロワッサン焼き立てです〜!」のアナウンスと共にカートを運ぶスタッフの方。食べたい人はお皿を持って近くへ行きましょう。熱々サクサクのクロワッサンをサーブして頂きました。決められた時間に焼きあがるようですが、結構人気のようですぐなくなってしまいます。

f:id:futaritabibiyori:20210511160226j:image

朝からモリモリ食べました。他の方が写真に写り込まないようにしたので、まだまだご紹介出来ていないメニューも沢山あります。

王道はもちろんのこと、沖縄らしいメニューも多くて楽しいビュッフェでした。
f:id:futaritabibiyori:20210511153612j:image

【料金】

大人:3,630円(13歳〜)

子供:1,815円(6〜12歳)

※2021年6月1日より、3〜6歳のお子様も605円の料金が発生するそうです。

 

お値段お高めですが、マリオットボンヴォイのプラチナ以上で朝食無料。有償でも食べる価値のある満足度の高い朝食ビュッフェでした♫

 

次回はマリンアクティビティについてご紹介です。

お楽しみに〜★

 

 

シェラトン沖縄を徹底解剖〜サウスタワー客室編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

 

2021年4月、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに2泊して来ました。

1泊目はメインタワーのメゾネット客室を楽しませて頂きました。

詳しくはこちらをどうぞ★

 

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

2泊目はかねてから熱望していたサウスタワー客室へアップグレード頂きました‼︎

せっかくの連泊なのに部屋移動があること、また、1泊目のメゾネット客室も想像以上に良くて気に入ったので、移動の直前はこのままのお部屋でも良いかも・・とちょっとだけ頭をよぎったのが正直なところ。

だがしかし!!サウスタワーに足を踏み入れた瞬間、その思いはことごとく打ち砕かれたのでした。

 

サウスタワーの建物内です。メインタワーは開放的な吹き抜けになっているので、良くも悪くも活気がある感じがしますが、サウスタワーはぐっと落ち着いた雰囲気です。

f:id:futaritabibiyori:20210506102625j:image

ちなみに、元々の予約は1泊¥19,633でした。
f:id:futaritabibiyori:20210506102642j:image

実際の宿泊日で検索してもヒットしなかったので、一週間後の日程でお調べすると、1泊¥44,000でした。
f:id:futaritabibiyori:20210506112942j:image

そのお部屋はというと、じゃーん!こちらです。

入った瞬間に私の幸福度は一気に爆上がりしました(笑)
f:id:futaritabibiyori:20210506112928j:image

まず客室に入ってすぐの空間です。小さめのスーツケースやボストンバッグなどが置けるようになっています。
f:id:futaritabibiyori:20210506102613j:image

引き出しには上下セパレートのパジャマタイプのナイティです。メインタワーと同一のものでした。
f:id:futaritabibiyori:20210506102634j:image

横の扉はクローゼットです。沢山のハンガーやバスローブ、金庫やアイロンがありました。引き出しもいつくかありますが、すべて空ですので、ご自身のお洋服などを収納できます。ビーチ用のサンダルもメインタワーと同様。
f:id:futaritabibiyori:20210506102639j:image

続いてワークスペース。客室に入ってすぐの場所にあるので、帰ってきた際のちょっとした荷物を置いたりと便利でした。PC利用にも最適です。
f:id:futaritabibiyori:20210506112934j:image

上の写真の左側にも少し写っていますが、バーを引っ張るとエキストラベッドが出現します。客室は50㎡と十分な広さですが、利用しない場合は収納しておき広々お部屋を使えるのでとても良いです。
f:id:futaritabibiyori:20210506102629j:image

ベッドの正面にご注目。
f:id:futaritabibiyori:20210506102653j:image

コーヒーマシンやケトル、引き出し内にはグラスやお茶セット。
f:id:futaritabibiyori:20210506102709j:image

それらの下は冷蔵庫になっています。サウスタワー宿泊の特典その①、中のソフトドリンク2本、ビール2缶、ノンアルビール1缶は自由に飲んでOKです。1滞在につき1回の特典ですので、連泊であっても補充はありません。
f:id:futaritabibiyori:20210506112939j:image

ベッドも十分な広さです。寝心地も抜群でした。それぞれのベッドの脇にコンセントがありました。
f:id:futaritabibiyori:20210506112921j:image

更に奥にはソファとローテーブル、カウチ付きの椅子も。寛ぐには最高のスペースです。
f:id:futaritabibiyori:20210506102648j:image

洗面スペースはこのようになっています。洗面ボウルは2つありますしとても広いです。機能的にも素晴らしいですが、配色やデザインがとても素敵でうっとりしました。
f:id:futaritabibiyori:20210506112925j:image

2つの洗面ボウルの間にある箱の中身はアメニティです。歯ブラシやカミソリなど、一通り揃っています。
f:id:futaritabibiyori:20210506102607j:image

洗面スペースの左側はトイレの個室です。
f:id:futaritabibiyori:20210506102658j:image

洗面スペースの右側は浴室です。ガラス張りの扉で仕切られていますが、中からブラインドを閉めることが出来ます。バスタブの横は洗い場になっているので、機能性も十分。アメニティはシェラトンブランドです。
f:id:futaritabibiyori:20210506102619j:image

バスタブに浸かると広がる景色はエメラルドグリーンの海!こんなビューバス、反則すぎる〜^^ ただし外から見えやすので、適宜ブラインドを閉めて下さいね。
f:id:futaritabibiyori:20210506102602j:image

浴槽からも客室からもベランダに出られます。デッキチェア2脚にテーブルがあるので、ちょっと部屋飲みに最適です。
f:id:futaritabibiyori:20210507155751j:image

サウスタワーのフロア図です。1フロアに9室しかありません。このフロア図は、1208に私達が宿泊した2階のものです。メインタワーが9階までですので、サウスタワーの1階は部屋番号が11、2階は12、3階は13となっています。フロアの造りは上層階にあるスイートルームを除いて同様です。

3室しかない側(フロア図で言うと1207・1208・1209)は海に面した向きですのでオーシャンフロント、6室ある側はハーバービューです。
f:id:futaritabibiyori:20210507155743j:image

サウスタワーの最上階は6階までですので、各フロア9室と仮定してもわずか54部屋しかありません。そのうち1階はどちらの向きでも眺望のないプレミアムラナイルーム(ベランダに専用の五右衛門風呂のあるお部屋)ですので、オーシャンフロントはたったの15室のみ(各フロア3室✕5フロア)です。

ちなみに、公式HPに掲載されているプレミアムラナイルームの五右衛門風呂はこちら。

f:id:futaritabibiyori:20210507172945j:image

サウスタワー宿泊の特典②、タワー内1階のラウンジにて24時間ソフトドリンクが無料で頂けます。入り口にもこんな奇抜で可愛いシーサーがお出迎え。
f:id:futaritabibiyori:20210507155755j:image

常駐のスタッフさんはおらず、完全セルフサービスです。客室数が少ないからか、いつ行っても他の宿泊客の方とすれ違うことすらありませんでした。
f:id:futaritabibiyori:20210507155804j:image

ホットのコーヒー・紅茶、冷蔵庫にはミネラルウォーターとペプシ缶とシークヮーサージュースがありました。
f:id:futaritabibiyori:20210507155746j:image

スペースはこの通り広くはありませんが、座る椅子やソファは多くありますので、ちょっと一息つく時には申し分有りません。人目がないのでゆっくり寛げました。下の写真の奥に写っている扉は外と繋がっていますが、サウスタワーの客室キーがないと外からは入ることが出来ません。
f:id:futaritabibiyori:20210507155759j:image

 

サウスタワー宿泊の特典はまだまだあります。以下の3つはマリオットボンヴォイのプラチナエリート以上はどの部屋に宿泊しても受けられる特典ですが、ステータスホルダーでない方でもサウスタワー宿泊で受けることが出来ます。

その③ リゾートパス無料提供

→前回のブログでも登場したリゾートパス。通常3千円以上するにも関わらず、これが無料になります。リゾートパスの詳細はこちらをどうぞ★

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 その④ ハッピーアワーでアルコール含むドリンク無料

→こちらも前回のブログでご紹介しましたので、参考にして下さいね。

 

その⑤ 駐車場無料

→通常は1泊500円です。

 

いかがでしたでしょうか?^^メインタワーと比較してかなり大人で落ち着いた雰囲気なサウスタワー、限定で受けられる特典も非常に充実しているのでかなりオススメです。

今回1泊目と2泊目で客室を変えて頂いたのですが、2日目の午前中は夫のWeb会議があったので、メゾネット客室には12:30頃まで利用させて頂き、そちらを明け渡した後、一瞬の待ち時間もなくサウスタワー客室へとご案内頂きました。

本当にスタッフの方々のホスピタリティに感謝です。

 

最後に、かねてから私達が数多くの特典を享受しているSPGアメックスカードの入会キャンペーンが過去に見ないほどすごいことになっているので、改めてご紹介させて頂きます。

これまでの入会キャンペーンで得られるポイントは30,000pt、紹介特典で更に6,000pt、つまり36,000ptでした。

 

それがなんと・・!

30,000ptが更に追加になり、最大75,000pt得られます!!

f:id:futaritabibiyori:20210507173727j:image

<詳細>

・紹介特典:6,000pt

・入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用:30,000pt

・入会後3ヶ月以内に30万円のカード利用:30,000pt NEW!

・100円につき3pt貯まるので、30万円カードを利用:9,000pt

 →合計75,000pt

 

75,000ptってどれくらいかと言うと・・

最上級カテゴリー8の必要ポイント数はオフシーズンで70,000ptです。

つまり通常であれば1泊10万円クラスのリッツ・カールトンや、宮古島にあるイラフSUIがポイント泊出来ます。

ご紹介しましたシェラトン沖縄はカテゴリー7ですので、ピークシーズンでも70,000ptでポイント宿泊出来ます。

私達が今年宿泊した「コートヤード白馬」「神戸ベイシェラトン」「宮崎シェラトン」はすべてカテゴリー4ですので、ピークシーズンでも30,000pt、2連泊出来ちゃいます。オフピークであれば20,000ptですので3連泊も可能!

これが年会費34,100円(税込)の出費と、メインカードとして日々の決済に利用すれば良いだけですので本当に衝撃的なキャンペーンだと思います。

 

このカードのメリットは得られるポイントだけではありませんので、こちらも併せて参考にしてみてくださいね。

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

今回の入会キャンペーンは6月30日までの限定ですのでお気を付け下さい。紹介からの入会が一番お得ですので、もし周りにSPGをお持ちの方がいらっしゃらなければ是非お問い合わせ下さいね^^

SPGアメックスのご紹介を通して、色々お話できると私も嬉しいです♫

 

さてさて、あまりの衝撃キャンペーンで話が逸れてしまいましたが、次回はシェラトン沖縄の朝食ビュッフェをレポートします。お楽しみに〜★

 

 

シェラトン沖縄を徹底解剖〜特典&施設編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

 

2021年4月、シェラトン沖縄サンマリーナに2泊3日で滞在しました。

マリオットボンヴォイグループの当ホテル、プラチナエリート以上で受けられる特典がとても充実しています。

マリオットボンヴォイやステータスについてはこちらをどうぞ★

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

客室は最安値のクラスから大幅にアップグレードして頂き、メゾネット客室を楽しませて頂きました。

詳しくはこちらをどうぞ★

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

今回は客室アップグレード以外の特典と、ホテル内の施設についてご紹介致します。

まずこちらがメインタワーのエントランスホールです。中央が吹き抜けになっており、左右に客室が広がっています。階数は9階が最上階ですので、そこまで高くはありません。

f:id:futaritabibiyori:20210506151834j:image

下に目を向けると、カラフルな熱帯魚や小さなエビなど水の生き物が!!お子さんは絶対大興奮でしょうね。南国リゾート感が溢れています。
f:id:futaritabibiyori:20210506151644j:image

チェックイン時に頂いた案内がこちら。エリート特典について詳しく見ていきましょう。
f:id:futaritabibiyori:20210506151648j:image

★ボーナスポイント:1滞在につき1,000ポイント

★ウェルカムアメニティ:オキナワンスイーツ(紅芋タルトなど)

★朝食ビュッフェ無料

★ハッピーアワー:17時から18時の間、アルコール含むドリンク無料

★駐車場無料

★リゾートパス無料(後ほど詳しくご解説)

その他、マリオットボンヴォイの規定に則り、空室状況次第でレイトチェックアウト16時まで可能です。

 

新型コロナウイルスの影響でレストランの営業時間が変わっておりました。ご参考までにどうぞ。
f:id:futaritabibiyori:20210506151640j:image

こちらがMAPと詳しい案内です。
f:id:futaritabibiyori:20210506151704j:image

更に詳しい案内(笑)なんとなくで読み飛ばしました(笑)

右下にはかなり有益情報!

入会費・年会費無料のメンバー会員であっても、レストランにて10%の割引になるそうです。また、恐らくお子様にはアイスの無料提供がある模様。宿泊予定の方は絶対に登録をオススメします。紹介から登録するのが一番お得ですので、ご興味のある方はお問い合わせ下さいね。
f:id:futaritabibiyori:20210506151841j:image

では早速、ハッピーアワーの時間帯でしたので飲み放題に突撃です。場所はエントランスホールのちょうど正面にある「サンセットバー&テラス」です。
f:id:futaritabibiyori:20210506151652j:image

中はかなり狭いものの、落ち着くライティングや配色でとても居心地良いです。
f:id:futaritabibiyori:20210506151827j:image

テーブルの上に数種類のリキュールやウイスキー、赤白ワインがありました。ポリ手袋を付け、自由に好きなだけ飲むことが出来ます。
f:id:futaritabibiyori:20210506151830j:image

ドリンクバーです。お馴染みのジュースから、パインシークワーサーやマンゴーオレンジなど、沖縄ならではのジュースもありました。
f:id:futaritabibiyori:20210506151838j:image

ビールは沖縄のオリオンビール★グラスをセットしてボタンを押すと自動で注がれるサーバーです。

泡のバランスもいい感じ^^
f:id:futaritabibiyori:20210506151627j:image

常駐のスタッフの方はいないようでした。テーブル席が多いです。おつまみやお菓子などのフードは提供ありませんが、有料のフードメニューがあるようです。

実際アルコール含むとはいえ、ドリンクだけ飲み放題と言ってもそう沢山飲めるものではないですよね^^;
f:id:futaritabibiyori:20210506151624j:image

上記の写真、奥に写っている扉を開けるとプレイスペースになっています。こちらは特にステータス関わらず、また予約なども不要で利用可能とのこと!ダーツは1回100円ですが、卓球とビリヤードは無料で遊べます。当時壊れていて利用不可でしたが、フーツボールもあります。

私達ももちろん真剣に卓球とビリヤードをしましたよ(笑)
f:id:futaritabibiyori:20210506151657j:image

プレイスペースの反対側の扉から出ると、一際目を引くピアノがありました。演奏用というよりオブジェ用でしょうか??演奏される時間があれば聴いてみたかった!
f:id:futaritabibiyori:20210506151635j:image

こちらはキッズプログラム。ホテルエントランスホール内にあり、色々な手作り体験が出来るそうです。ホテル内にこういったアクティビティがあると、天気の悪い日などにも楽しめて良いですね。
f:id:futaritabibiyori:20210506151716j:image

お父様・お母様も一緒に入れるのか不明ですが、もしお子様だけだとしても全面ガラス張りのお部屋なので、お子様もご両親も安心です。
f:id:futaritabibiyori:20210506151929j:image

エントランスホールからアクティビティセンターなどに向かう通路、一面「ウォール・オブ・エクスプレッション」と言ってお絵描きスペースになっています。フロントやゲストサービスでペン一式を貸して貰えます。壁にお絵描き出来るなんてお子様には夢のようですね。

また、下に写っているモニター、実はこれプレステなのでゲームが出来るんです。各モニター横に遊べるゲームの案内板がありました。

f:id:futaritabibiyori:20210506151720j:image

夫はぷよぷよに夢中(笑)世代がバレますね。

f:id:futaritabibiyori:20210506151712j:image

この通路を抜けて一度外に出るとウェルネス&スパの「ぬちぐすい」がある建物に辿り着きます。
1階は屋内プール。リゾートパス(¥3,850 ※宿泊者以外は¥5,500)があれば滞在中何度でも利用出来ます。このリゾートパス、マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上は無料でこの特典が付くんです!!

プールの写真は公式HPよりお借りしています。

f:id:futaritabibiyori:20210506181119j:image

大浴場は2階にあります。こちらもリゾートパスで利用可能です。受付で部屋番号をお伝えすると脱衣所用のカゴ、タオル、履物に付ける目印のクリップを渡され女湯へ♫

幸運にも2日共貸し切りでした。落ち着いた雰囲気の脱衣所です。
f:id:futaritabibiyori:20210506151708j:image

ロッカーの数も沢山。奥にオムツ替えの台があります。
f:id:futaritabibiyori:20210506151723j:image

トイレは個室が2つあり、広々です。とても清潔に保たれています。
f:id:futaritabibiyori:20210506151700j:image

洗面スペースはそこまで数はありませんが、明るくてとても綺麗です。ドライヤーはPanasonicでした。洗顔フォームはありますが、化粧落としや化粧水類はありませんでしたのでお気を付け下さい。
f:id:futaritabibiyori:20210506151823j:image

中は撮影NGでしたので公式HPのお写真です。天井が高く、浴槽の一面がガラス張りなので開放感がありました。ドライサウナもあります。

f:id:futaritabibiyori:20210506181157j:image

また、3階には家族風呂が2つあります。

■家族風呂「波」 定員8名 ¥5,500

■家族風呂「風」 定員5名 ¥3,300

 

今回時間がなくて利用出来ませんでしたが、大浴場と同じ2階にフィットネスルームがあります。
f:id:futaritabibiyori:20210506151630j:image

中の写真は公式HPよりお借りしています。こちらは全宿泊ゲストが無料で利用可能ですので、長期滞在の際はぜひご利用下さいね。

f:id:futaritabibiyori:20210506181216j:image

今回一番の大失態!実はエントランスホール全体を使ったプロジェクションマッピングが毎晩2回開催されているのですが、すっかり忘れていて見れませんでした〜(涙)

時間は19:45と20:45、内容の異なるショーで音楽と噴水もコラボレーションするようです。絶対圧巻ですよね・・次回絶対リベンジします!!
f:id:futaritabibiyori:20210506151845j:image

大浴場や屋内プールが利用出来るリゾートパス、実はこれだけではないのです。ビーチアクティビティも色々と楽しめる内容で盛り沢山ですので、また次回ご紹介します〜

お楽しみに★

 

シェラトン沖縄を徹底解剖〜メインタワー客室編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

 

2021年4月、2泊3日でシェラトン沖縄サンマリーナリゾートに滞在してきました。南国リゾート感溢れるこちらのホテルをご紹介致します。

f:id:futaritabibiyori:20210504202542j:image

 

 

ホテル概要

那覇空港より車で約1時間、リゾートホテルが立ち並ぶ恩納村エリアに位置しています。

マリオットボンヴォイのカテゴリーは7、客室数は246室です。

マリオットボンヴォイについての詳細はこちらをどうぞ★

 

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

客室カテゴリーと気になるアップグレード

こちらのホテルの客室は、メインタワーとサウスタワーの2棟で成り立っています。新しく出来たのがサウスタワーで、全体的に大人な雰囲気でお値段もお高めです。

 

料金順の客室ランクは以下の通り。

・パーシャルツイン(32㎡)/ダブル(28㎡) 

・オーシャンビューダブル(28㎡)

・オーシャンビューデラックスツイン(32㎡)

・オーシャンビューデラックスツイン高層階(32㎡)

・プレミアムオーシャンビューキング(50㎡) 

・メゾネットオーシャンビューツイン(52㎡)

・プレミアムラナイガーデンビュー(50㎡) 

・プレミアムオーシャンビューツイン(50㎡) 

・オーシャンスイート(82㎡)

・サンセットスイート(100㎡) 

 

パーシャル以外はすべてオーシャンビューのお部屋となっており、リーズナブルな客室でも28㎡と中々の広さです。

青文字がサウスタワーの客室ですが、こちらは最低ランクでも50㎡と十分な広さとなっております。

ちなみにレセプションなどはすべてメインタワーにあるため、サウスタワー宿泊であってもチェックインなどはメインタワーで行います。そのため、サウスタワーは1階から客室という造りになっております。

プレミアムラナイの客室は1階という階層により眺望が臨めない代わりに、各お部屋のバルコニーに専用の五右衛門風呂があります。これはこれで非常に魅力的な為、人気のあるお部屋のようです。

 

私達はマリオットボンヴォイのプラチナエリートを有しております。最安値のパーシャルツインを予約していましたが、今回もホテルのご好意でアップグレードして頂けました!

元の予約はこちら、一泊19,633円です。

f:id:futaritabibiyori:20210504202723j:image

アップグレード先はメインタワーのメゾネット、スイートを除いてメインタワー内の最上位、しかも最上階でした。

同日程で調べたところ、1泊43,200円の客室でした!

f:id:futaritabibiyori:20210504202815j:image

ただ私達夫婦2名での利用、正直メゾネットのメリットをあまり感じられないので少々がっかりしていた所、2泊目のみでも宜しければサウスタワーのツインはいかがですか?と、とてつもなく有り難いご提案を頂きました。

是非お願いします!ということで、1泊目はメインタワーのメゾネット、2泊目はサウスタワーのツインと贅沢にも2部屋楽しませて頂いたのです。

 

メインタワーメゾネットの客室ご紹介

どどん!客室内に存在感のある螺旋階段があります。

f:id:futaritabibiyori:20210504201728j:image

階段から見下ろした風景です。ベッド広々です。
f:id:futaritabibiyori:20210504201721j:image

その先には広いベランダ。椅子2脚とテーブルもあります。また、洗濯干す用の大きなラックがあり、水着やTシャツを乾かすのに大変便利でした。
f:id:futaritabibiyori:20210504201641j:image

ベランダからの景色です。静かなビーチがとても綺麗です。
f:id:futaritabibiyori:20210504220529j:image

ベッドの正面にテレビ。椅子と鏡があり、ドレッサーとしても利用出来ます。
f:id:futaritabibiyori:20210504201756j:image

客室内のテーブルにはウェルカムスイーツ。紅芋タルトやシークワーサー味など沖縄ならではです。これ、オキナワンスイーツと言うらしい。
f:id:futaritabibiyori:20210504214953j:image

テレビ台の横に独立してカップやグラスがありました。こちらにミネラルウォーター2本。
f:id:futaritabibiyori:20210504201718j:image

棚の中には更にカップとグラスがそれぞれ3つ。氷入れとケトルもあります。
f:id:futaritabibiyori:20210504201702j:image

冷蔵庫にはミネラルウォーター3本。メゾネット客室は5名が定員ですので、水もカップ類もすべて5名分です。
f:id:futaritabibiyori:20210504201737j:image

客室の扉を開けた左側に金庫やアイロンがありました。
f:id:futaritabibiyori:20210504201749j:image

バスローブと十分な数のハンガーです。
f:id:futaritabibiyori:20210504201741j:image

その下にはボストンバッグなどが置けるスペース。スリッパとビーチ用のサンダルもあります。
f:id:futaritabibiyori:20210504201732j:image

横の引き出しにナイティがありました。上下セパレートのパジャマタイプです。
f:id:futaritabibiyori:20210504201706j:image

こちらがメゾネットの上の階です。3セット分のお布団が敷いてありました。
f:id:futaritabibiyori:20210504201644j:image

小さいですがテレビとクローゼットもあります。お友達グループで泊まる場合も良いですよね。
f:id:futaritabibiyori:20210504201724j:image

天井はリモコンで開閉可能な天窓がありました。
f:id:futaritabibiyori:20210504201746j:image

まさに秘密基地のよう。これ絶対お子さん大喜びでしょうね。
f:id:futaritabibiyori:20210504201753j:image

洗面スペースです。そこまで広くはないものの、明るくて綺麗です。
f:id:futaritabibiyori:20210504201648j:image

アメニティはお馴染みのシェラトンブランド。
f:id:futaritabibiyori:20210504201652j:image

浴槽と客室は開閉可能なブラインドになっています。客室内のお風呂はそこまで広くありませんが、こちらのホテルは大浴場もありますよ。
f:id:futaritabibiyori:20210504201802j:image

洗い場もあって使いやすいです。シャンプー類は備え付けでした。
f:id:futaritabibiyori:20210504201712j:image

洗面スペースの横にトイレ。個室にはなってないのが若干がっかりポイント。
f:id:futaritabibiyori:20210504201656j:image

 

2名での利用では持て余すほどのメゾネット客室。もちろん2名でも存分に楽しませて頂きました。

次回は遊べる場所が沢山あるホテル内の施設と、プラチナエリート以上で受けられる特典についてご紹介します。お楽しみに★

 

 

インターコンチネンタル万座ビーチで無料宿泊〜特典編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

 

2021年4月にアンバサダー特典を利用してインターコンチネンタル万座ビーチに無料宿泊して来ました。

宿泊費は完全に無料にも関わらず、アンバサダーとして数々の特典を利用出来ましたので、ご紹介致します。

 

まず、チェックイン時に頂いた案内がこちら。

f:id:futaritabibiyori:20210428145051j:image

◆客室アップグレード

◆無料インターネット

◆プライオリティチェックイン・レイトチェックアウト

◆客室保証

◆客室にミネラルウォーター用意

◆ホテルクレジット2,000円

◆ウェルカムアメニティ600ポイント or ウェルカムドリンク

◇夕食時の1ドリンクチケット

 

上記、7つの◆はIHGグループ全体のアンバサダー特典です。無料宿泊であっても、通常通り利用出来るということです。また、◇はインターコンチネンタル万座ビーチ独自の特典です。大充実の内容ですね〜

でも実はこれだけじゃないんです。写真に写っている館内利用券1,000円×2枚は、案内に書かれている2,000円のホテルクレジットとは別物なんです。この館内利用券の案内がないこともあり、よくわからないので後から内線でフロントに確認しちゃいました。

 

その結果、ホテルクレジットは紙のチケットでの進呈はなく、飲食代をお部屋付にし、チェックアウトの際2,000円分を引きますとのご回答でした。

ややこしい・・^^;それもこれも特典が盛り沢山のおかげなんですけどね(笑)

 

また、ホテル内レストランは沖縄のGotoEatプレミアム食事券やハピトククーポンの対象店で併用も可能です。使用する場合は、ホテルクレジット2,000円分を残るようにそれ以外の金額を食事券でレストランにお支払い、残金をお部屋付にしてもらってチェックアウトの際に相殺、とのことです!非常にややこしいですが、是非参考にしてみて下さい。

 

客室は眺望の良い高層階にアップグレード頂きました。詳しくはこちら★

 

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

私達は10:30着のフライトで宮崎から到着しました。夫の仕事が15時から入っており、公共スペースでも良いからと15時のチェックインより早くホテルへ到着したのですが、すぐに利用可能と14:30頃にはお部屋にご案内頂きとても助かりました。

また、翌日は次のホテルのチェックインが15時からなので、14時頃までお部屋を利用させて頂きました。ワーケーションやホテル自体を楽しむスタイルの旅行では、レイトチェックアウトは本当に有り難いですよね^^

 

宿泊日、すでにホテル以外で夕食の予約をしていた私達。ホテルオリジナル特典である夕食時の1ドリンクチケットが使えないぞ・・と困ってレストランのスタッフの方にお伺いしたところ、夕食時でなくても大丈夫ですよ!とご親切にご案内頂きました。

 

そこで・・!2,000円のホテルクレジット、館内利用券1,000円×2枚、ドリンクチケットをすべて利用し、オーシャンカフェにてチェックアウト日のランチを頂くことにしました♪

2,000円のクラブハウスサンドイッチ2名分に、運転手の夫はシークヮーサージュース、私はもちろんビールです^^

f:id:futaritabibiyori:20210429112401j:image

ポテトとチップスもついてボリュームも満点。南国感あふれる雰囲気も最高でした。

f:id:futaritabibiyori:20210429112426j:image

メニューの写真も載せておきます。ドリンクチケットで注文出来るドリンクは通常のメニューではなく、限られたドリンクのみでした。ランチだったからかもしれませんが、アルコールはビールだけだった気がします。

f:id:futaritabibiyori:20210429112446j:image

もちろんランチではなく朝食ビュッフェなどにも利用出来ます。朝食ビュッフェは1名約3,500円なので、追加のお支払いが必要です。私達は久々に予定を入れずに朝寝坊したかったのでランチにしました。

 

ちなみにこの館内利用券、大浴場の入浴料金に充てることも可能です。

1名500円なので、2名でちょうど1,000円です。

f:id:futaritabibiyori:20210429112518j:image

ただし、コロナの影響で営業時間がかなり短くなっていました。本来1度入浴料金をお支払いすると、その日の間は何度でも入浴出来るとのことなので結構お得度が高いですが、宿泊当時は17時から21時までだったので、なかなかリピートはないですよね・・

次回営業時間が戻っていたら是非利用してみたいと思います^^

公式HPより、大浴場のお写真です。

f:id:futaritabibiyori:20210429112644j:image

 

せっかくなのでそのほか館内のご紹介も。クラブラウンジはフロントのあるロビー階にあります。IHGグループはアンバサダーであってもラウンジのアクセス権はなく、クラブフロア宿泊者のみに限られます。
f:id:futaritabibiyori:20210428145059j:image

リゾートセンターでの予約が必要になりますが、卓球台が2台ありました。
f:id:futaritabibiyori:20210428145102j:image

1階にはランドリーがあります。一番少ない3kg以内、乾燥まで込みで700円くらいでした。
f:id:futaritabibiyori:20210428145055j:image

スイムウェア専用の脱水機もあります。プールから直接アクセス出来る場所にあるので便利ですね。
f:id:futaritabibiyori:20210428145043j:image

駐車場情報ですが、こちらのホテルはバレーパーキングで1日750円です。

駐車代はステータスに関わらず2日間分発生すると思っていたのですが、これもアンバサダーの特典のようで無料でした!

 

最後に、獲得したポイントのご紹介です。

ウェルカムポイントかウェルカムドリンクかを選べる特典、私達はポイントを選択していたので、600ポイント加算されていました。また、ホテルへの支払いは0円だったにも関わらず、なぜか436ポイントと291ポイントが加算されていました(笑)

f:id:futaritabibiyori:20210429112757j:image

お得すぎて頭が追いつきませんが、1円も支払わず27,000円ほどの客室に宿泊出来て、ランチもドリンクも無料で頂き、さらにはポイントまで貰えちゃったというわけです。

これが年会費200ドルですから、IHGアンバサダーはかなりオススメです。

 

次回はホテルを変えてシェラトン沖縄編、お楽しみに〜♪

 

 

インターコンチネンタル万座ビーチで無料宿泊〜客室編〜

こんにちは、ふたり旅びよりの𝕄𝕒𝕤𝕒𝕞𝕚です。

 

2021年4月、沖縄本島に3泊滞在して来ました。

そのうちの1泊、インターコンチネンタル万座ビーチリゾートに宿泊したのですが、その時の詳細をご紹介致します。

 

ホテル概要

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
〒904-0493 沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地

f:id:futaritabibiyori:20210427164108j:image

那覇空港より車で80分ほど、リムジンバスでは90〜100分ほどです。リゾートホテルが立ち並ぶ恩納村エリアに位置しています。

 

宿泊の経緯

なにを隠そう私達夫婦、IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)のエリート会員であるアンバサダーの資格を有しています。

今回はステータス特典の「無料宿泊」を利用しました。

アンバサダー詳細についてはこちらをどうぞ★

 

futaritabibiyori.hatenablog.jp

 

4月の平日ではありますが、この特典を利用して宿泊代は無料でした。

 

気になるアップグレードは!?

アンバサダーエリートとは言え、今回は無料宿泊なのでステータス特典はあるのかと半信半疑でしたが、しっかりとその威力を感じました。

客室は無料宿泊で予約出来る最安値クラスから大幅にアップグレード。

 

元々の予約はこちらでした。本来であれば¥20,900の客室です。

f:id:futaritabibiyori:20210427164331j:image

こちらのホテルはロビーが1階、客室は3階から上になります。8階・9階はクラブフロアになりますので、それ以外のフロアは3〜7階ということになります。ホテル内、真ん中が吹き抜けになっており、その吹き抜けを取り囲むように客室が連なっているのですが、フロント側の客室は眺望が良くない分、料金は安くなっております。

最安値のスーペリアルーム・パーシャルオーシャンビューは低層階、眺望が良くない側ということです。

 

アップグレード頂いた客室は以下の通り。本来なら¥27,550の客室でした。
f:id:futaritabibiyori:20210427164419j:image

客室のサイズは32㎡とすべて一律なのですが、クラブフロアを除く一番の最上階である7階、しかも眺望のよいプール側にアサイン頂きました!!

 

・フロント側低層階 ←予約クラス

・プール側低層階

・フロント側高層階

・プール側高層階  ←アサイ

・クラブフロア客室

 

約2万円分が無料というだけでも嬉しいことなのですが、更にアップグレード頂き本当に感謝です^^

 

客室ご紹介

気になる客室はこちら。まず目に飛び込んできたのは広がるオーシャンビュー!
f:id:futaritabibiyori:20210427164409j:image

ベランダに出ると、右側には美しいプールが見えます。
f:id:futaritabibiyori:20210427164358j:image

左側は万座毛のビーチ。透き通る海の色に感動しました。
f:id:futaritabibiyori:20210427164426j:image

ベッドも広々で申し分なし。寝心地も抜群でした。
f:id:futaritabibiyori:20210427164406j:image

ベッド正面にはテレビ。デスクも広々でしたので、ちょっとした荷物を置くときも便利でした。
f:id:futaritabibiyori:20210427164423j:image

ベッド横にはソファとテーブル。夫は毎日PCを使って仕事をするので、このスペースは大変助かります。

f:id:futaritabibiyori:20210427164342j:image

ミネラルウォーターは2本無料。電子ケトルも完備です。
f:id:futaritabibiyori:20210427164402j:image

引き出しにはマグカップやグラスのセットがありました。
f:id:futaritabibiyori:20210427164347j:image

冷蔵庫は空っぽです。実は私、ファミリーマートで購入したシュークリームを中に入れたまま忘れて帰ってしまいました(涙)
f:id:futaritabibiyori:20210427164325j:image

ナイティはワンピースタイプでした。
f:id:futaritabibiyori:20210427164354j:image

客室の扉を開けるとこのような光景。入ってすぐ左がクローク、その横に洗面スペースという面白い造りです。
f:id:futaritabibiyori:20210427164521j:image

クロークにはハンガーラックと金庫がありました。バスローブはありません。
f:id:futaritabibiyori:20210427164412j:image

金庫の下にスリッパがあります。
f:id:futaritabibiyori:20210427164514j:image

洗面スペースです。少し狭いですが、明るくて椅子もあり、使いやすさは◎です。
f:id:futaritabibiyori:20210427164350j:image

アメニティは左の木のBOX内にありました。
f:id:futaritabibiyori:20210427164334j:image

シェーバーや歯ブラシなどが揃っています。
f:id:futaritabibiyori:20210427164416j:image

ドライヤーは引き出し内にあり、Panasonicでした。
f:id:futaritabibiyori:20210427164328j:image

バスタブからの眺めです。もちろんブラインドは開閉可能です。
f:id:futaritabibiyori:20210427164338j:image

客室側から浴室を見るとこんな感じ。
f:id:futaritabibiyori:20210427164510j:image

残念ながら洗い場はなく、バスタブにシャワーがあります。シャンプー類のアメニティはインターコンチネンタルホテルお馴染みのアグラリアです。
f:id:futaritabibiyori:20210427164641j:imageもう一つ残念ポイント。トイレは個室にはなっておらず、バスタブと同じスペースにあります。シャワーカーテンが上手く閉まってないと、シャワーの水でトイレも水浸しになるやつです・・涙

このあたりは古さを感じさせますね。
f:id:futaritabibiyori:20210427164518j:image 

 水回りには若干不安が残るものの、とにかく絶景が素晴らしいお部屋でした★

これが無料で泊まれるなんて・・!!

 

次回はアップグレード以外のアンバサダー特典をご紹介します。

お楽しみに♪